2005年10月06日

両雄激突!

【前回あらすじ】

相手の両親への挨拶を済ませ、無事?許可をいただいた二人。
次に待つのは両家の両親の挨拶であった。


【両雄激突!!】

燃え尽きた。

燃え尽きました。

といってるヒマもなく、 彼女(愛妻)の両親を連れて闘技場(待ち合わせ場所:レストラン)へ車を走らせる。

待ち合わせ場所には私の両親が待っているはずだ。

ちょっとまて。もしや、彼女の両親を乗せていかないといけない!?

と緊張したが、レンタカーを借りて来ていたようだ。


安心もつかの間、どちらにしろ先導しなきゃじゃんTT

そんなに荒い運転をするわけじゃないけど 普段の運転なんてとても出来ない。
法定速度を守って走るしかないか。


緊張しつつ、闘技場に到着する。 私の両親が玄関で待っていた。

ほっとしたが、めっちゃにらんでるし(母→私)。

簡単に両家の両親が挨拶を交わし、レストランの中へ。

どこかぎこちない。緊張感を感じた。

そして、いざ尋常に勝負!!


先制は私の両親!必殺土下座!!

私の父「本当に申し訳ございません、うちの馬鹿息子がお嬢様を・・・」 とつづく。

母もそれにならう。


もう22歳にもなって、親に頭を下げさせるのは 非常に恥ずかしいだけでなく、
申し訳ない。情けない。


「息子を一発殴りたかった。」←母、後日談


私の両親の土下座を受けた彼女の両親の反撃。

彼女父「頭を上げてください。うちの娘にも非があることです。」 と返す。

しかし、体からは闘気があふれている。

私の父「そう言っていただけるとはありがたい。」と少しは 落ち着いたようだ。


その後私の両親は謝るばかりであったが、 結局血を見ることは無かった。←当たり前やん

無事、両親の顔合わせも終わり、結婚が許された。


それから入籍→結婚式となりますが、今回はここまで。
posted by 学生結婚した男 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 経験談 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

彼の両親と私の両親、初対面
Excerpt: 彼の両親が予約しておいてくれた料亭は その辺りではちょっと有名なところで 目の前の港でとれた魚を調理して出してくれる場所だった。 学生にはちょっと敷居の高い値段で 私はそれまでに1度だけし..
Weblog: できちゃった学生結婚のその後
Tracked: 2005-11-08 11:39
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。