2005年10月27日

産むのか。堕胎するか。

はっきり言ってわかりません、どちらが正しいのかなんて。
どちらを選ぶべきかなんて。。。


実は私だけではなく、私の弟も子供を作った経験があります。

「経験があります」

というフレーズから想像できるかもしれませんが、弟は
堕胎することを選びました。


弟はできたということをまず私と私の妻に話しました。兄貴は
どうやって産もうと決心したのかと。

私の場合、堕胎するということが考えられなかった。
生まれてきた命を無駄にしてはいけないと思ったからです。


だから子供が妻のお腹にいるとわかったとき、

「大学院は行かずに就職しよう」

と考えました。

その後はいろいろとあって、お互いの親の援助の下、大学院は
出ることになりました。


弟の場合。

外面はかなりがっしりしていて、ちょっとコワモテですが、
非常に真面目な弟です。

彼女ともゴタゴタしていたのですが、(ホントに大きなゴタゴタがあったんですが想像してください)

「それでも俺は産んでほしい。責任は取る。」

としっかりといっていました。

しかし彼女のほうが

「堕胎したい」

と言っていました。




そして弟は堕胎を選びました。

おそらく、彼女のことを考えての決断だったと思います。




私は弟を攻める気はもちろんない(その元彼女攻める気はあるが(苦笑))。

それでもやはりつらそうな弟を見ていると声をかけづらく、
そのようなことがあったのにうちの子と遊んでくれている様子を
見ると何ともいえない気持ちになる。

あれから2年後になるかな?最近、弟は就職しました。


先日、こう言ってきました。

「兄貴、いい子が居たら紹介してくれんか?」

「ああいいぞ。」

と、我が子が通う保育園の保育士を紹介してやりました。

お互い遠くに離れていながらもよく連絡を取っているようです。


この前、保育園の行事の打ち上げでその保育士と飲みました。

その中で弟とのやりとり様子を老婆(兄)心ながら訊いていると、

「兄貴の子供を見てて、すごく自分も子供がほしいんだ

と言っていたそうです。

posted by 学生結婚した男 at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 経験から思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。