2005年11月07日

将来を設計する。

はっきり言ってしまえば「できちゃった!」は想定外です。

狙ってやれば確信犯。いや、ウチはけしてそんなことはないですよ( ̄ー ̄)

想定外ということは、これから生活していくうえでのことは
がらりと変わります。想像できないくらい。

大学院に行こうと思っていた人は就職活動をしなければなら
ないかもしれませんし、女性は休学しなければなりません。


私たちの場合は夫婦お互いに大学院に行く予定でしたし、
親もそのつもりだったので、博士号を取るまでは援助しても
らってます。

妻の両親に初めて会ったときは「すぐにでも働きます」とか
言ってましたが^^;

また、妻の休学も休学扱いとせずに何とかしてもらったので
今のところ妻とは同じ学年です。


私たちのように上手くいけばよいでしょうが、いろいろと
考え直さなければならない部分が出てくると思います。

また、親のほうもその点はかなり心配していることでしょう。

ですから、子供ができてしまったとわかったら、今後のことを
夫婦ふたりで十分に話し合って決めて、できたら親に話せるよ
うにしておくといいでしょうね。

重要な点は

いつ卒業するのか?大学院はどうするか?
女性のほうが出産などで休学を余儀なくされ、学年が
ずれてしまっても何とかなるか?就職はどこでするか?


でしょうか?

男性は女性が多くの時間を拘束されてしまうことをしっかり
考慮に入れておきましょう。


未熟な学生だからこそ、十分に考えあって助けあっていきましょう。
posted by 学生結婚した男 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 経験からのアドバイス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9102277

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。